コーヒー

コロンビア

南米でも治安が良い国

コロンビアは以前麻薬組織が蔓延していたことから世界の中でも治安が悪い国の代表格と言われていましたが、現在では麻薬組織が撲滅され治安が良くなって南米の中でも治安が良い国と言われるようになりました。
親日感情を抱く人も多く、特に日本のエンタメには興味を抱いている人が多いと言われています。
気さくに話しかけてくる人が多く、付き合いやすいと感じる人も多いですが、コロンビア人とシェアハウスで一緒に生活する際に知っておきたい事をご紹介します。

挨拶について

コロンビア人は挨拶に時間をかけるという特徴があります。
初対面の相手に対して敬意を示すほど挨拶に時間をかけるという傾向があるようです。
最初に握手やハグをしてから、いくつか質問を投げかけられるという流れはコロンビア流の一般的な挨拶だと考えてください。
質問される内容については家族構成や友人関係、健康状態、旅行経験などです。

このような挨拶を面倒だと感じ、適当に受け流そうとすると失礼な人だと認識されてしまいます。
どのような質問をされても丁寧に答えることで、相手に敬意を示していると受け取られますので、失礼のないように対応してください。

挨拶をする時には必要以上に近い距離に迫ってくると感じられますが、これはコロンビアでは一般的な行動です。
距離が近すぎると思って後ろに下がり離れようとするほど自分が嫌がられているのだと勘違いされるので注意してください。
なお、会話をしている時にはきちんと相手の目を見て応対するのが正しいマナーになります。

特有の行動について

コロンビア人は行列にきちんと並ぶのが苦手で、他の人と押し合いをしながら行列を作る傾向があります。
目的の場所までなかなか辿り着けないとイライラして強引に入り込もうとするので、日本人にとってはマナー違反に感じられて不快に思う方も多いです。
人混みや行列をあまり好まない人が多いので、無理に人で混雑している場所へ連れて行かないようにしてください。

仕草について

コロンビア人が肘を指で突くような仕草をしている場合は、「あいつはケチだ」という意味が込められています。
あなたを見ながらこのような行動をしている時には、あなたの事をケチだと思っているのです。
肘を手の平で叩いている場合には「あいつは自分勝手だ」という意味になります。

また、日本人がOKという意味を込めて親指と人差し指で丸を作るサインは、コロンビア人にとっては違う意味があります。
指で作った丸を鼻に持ってくることで、「あいつはゲイだ」という意味になります。

人差し指と小指だけを立てる野球ではツーアウトという意味を示す仕草は、コロンビアでは相手を侮辱する意味になります。
少なくてもコロンビア人の前ではこのような仕草をするのは避けてください。