団子

和風のイベントを開催!

日本だからこそ!「和風」のイベントを開催しよう

日本にきた外国人は、やはり「日本の文化」を知りたがっています。
私たちも、海外に行ったらその国の文化について知りたくなりますよね。
それと同じで、外国人も「日本ってどんな文化なのかな」「どんなことをやっているのかな」ということを知りたがっています。
外国人がどんなものをたべて、どんなことをやっていて、大切にしているのはどんなものなのかを知ることは、確かにとても嬉しいことではないでしょうか。
だからこそ、日本にきている外国人のために「和風イベント」を開催してみては?
日本の「和」を紹介できるイベントを企画することで、外国人と交流をすることができますし、また日本の文化を知ってもらうきっかけにもなりますよね。
では、どんなイベントがいいのか?をみていきましょう。

流しそうめんはいかが?

和風イベントなら、「流しそうめん」のイベントはいかがですか?
流しそうめんは、竹を割って作ったものにそうめんを流すもの。
そうめんは自分で食べても美味しいですが、流しそうめんにするとますます美味しいので(見た目的に)、ぜひチャレンジをしてみてください。
日本人でも、流しそうめんはあまりやったことがないという人もいます。
だからこそ、シェアハウスのような場所で流しそうめんを取り入れてあげると、日本人と外国人の交流の場になるのではないでしょうか。
外国人だと箸をつかえなくてなかなかすくえないかもしれませんが、そういうところもイベントではご愛嬌wです。

餅つき大会はいかが?

餅といえばお正月ですが、べつにお正月だけでたべるという決まりもないので、可能なら餅つきイベントを開催してみてはいかがでしょうか。
お餅は海外ではなかなかな文化なので、こういったものをみるだけで外国人は珍しいと思ってくれるかも。
また、お餅はいろいろな味をつけることができるので、そういった良さもありますよね。
流しそうめんも面白いですが、餅をついていろいろな味を試してみる、というのも外国人のかたにはうけるかも。
みなさん、やってみてはいかがですか?

十五夜や七夕などを体験してみよう

十五夜や七夕など、日本に古くから伝わるイベントをやってみてはいかがですか?
どちらも日本らしいとっても風流なイベントになりますので、もしかしたらすごく喜んでくれるかも。日本人がやっても楽しいイベントですので、ぜひみんなで楽しんでいきたいですね。