紙幣

トラブルには要注意

シェアハウスはトラブルが多いって本当?

シェアハウスは、いろいろな考え方を持った人が一か所に集まって生活をする、という場所です。
なので、当然のことながら「考え方の違い」などからトラブルになってしまうというケースも少なくありません。
そんなシェアハウスのトラブルについて、考えてみましょう。
実際に、シェアハウスのトラブルにはどんなものがあって、どんなことで揉めているのでしょうか。
一見楽しそうに見えるシェアハウスですが、実態をみれば「必ずしも楽しいことばかりではない」ということがよく解るのではないでしょうか。

物の貸し借りによるトラブルがあとを絶たない

まず、シェアハウスの中でよく聞くトラブルが「物の貸し借りに関するトラブル」になります。
同じ家に住んでいると、「○○貸して」というやりとりが発生することがありますよね。しかし、これがトラブルの原因となってしまうことがあり、注意をしなければなりません。
どんなケースがあったのかというと、以下のとおり。
・お金を貸してと言われて貸したけれど、かえしてもらえない
・ブランドものの靴を玄関に置いていたら、盗まれてしまった
・共有で使っていた家電製品がなくなった。
など、実際にシェアハウスではトラブルが絶えない様です。
「お金を貸してと言われて貸した」というケースであれば犯人ははっきりしていますが、そうでなければ「誰が盗んだのか」と犯人探しが始まるわけで、それを考えると「犯人でもない人が疑われるケースを作ってしまう」ということになりかねません。
そんな険悪な状態のシェアハウスは嫌ですよね。
このように、本当に辛いトラブルがあるというのも、シェアハウスの現実です。だからこそ、日ごろから持ち物には気を付けること、相手を信用していたとしても、きちんと自己管理を徹底しておかないと万が一の時に誰かに迷惑がかかるかもしれません。
こういったトラブルが起きることも、シェアハウスの非常に難しいところです。

良い面ばかりをみない努力は必要ですね

「テラスハウス」の影響から、「シェアハウスに住んでみたい」と考える人は本当に増えています。
でも、楽しい反面「トラブルが尽きないところでもある」ということを意識しておかないと、万が一のときに辛い目に遭ってしまうかもしれません。
悪い面をきちんとみて、「どんなデメリットがあるのか」を考えておくことも、必要なことではないでしょうか。
家賃滞納などのトラブルもあると聞きます。
ぜひ、「シェアハウスの悪い部分」についてもきちんと考えてみてください。