イベント

ワーキングホリデーのメリット

長期滞在出来る

ワーキングホリデーを利用すると、海外に長期滞在が可能となります。
通常海外で滞在するとなると、観光か仕事と目的はありますが、ビザを取得しないとなりません。
観光ビザであれば、長くても3ヶ月程度しか滞在は出来ません。
就労ビザや永住ビザを取得すれば長い間滞在は可能ですが、取得は厳しく条件をクリアしないとなりません。

しかしワーキングホリデーであれば、1年から2年の滞在は可能であり、しかも滞在しながら働くことも語学学習することもできます。
ツアーなどで旅行するとなると、どうしても飛行機代や宿泊費などの多額のお金が必要となりますが、やはり短期間滞在するよりも、長期間滞在する方が、コストパフォーマンスは良いです。
しかもワーキングホリデーは、最初から長期滞在するための制度となっているので、そのような宿泊や仕事などのことも準備されています。
自分で準備するよりも、楽に長期滞在ができるのです。

さらには、ワーキングホリデーでは、色々な国の人が集まってきます。
語学学校の先生はもちろん外国人であり、その学生は色々な国の人がいます。
様々な国の人と出会えるので、他国の文化の違いを知る事も出来ます。
やはりワーキングホリデーの醍醐味というと、他の国の人と出会えるということでしょう。

そこではその国々の人の考え方があり、文化の違いによって衝突が起こることもあります。
きっとそのようなときには、英語などが話せれば良いのにと実感するかもしれません。

その国の文化に触れられる

ワーキングホリデーは留学と違い勉強だけではなく、海外で働くという経験ができます。
ビザ申請時もそれほどお金は必要なく、お金がかかる留学とは異なります。
現地でお金がなくなれば、日本食レストランやカフェ、その他の場所働きお金を得ることもできます。
必ずしも働く必要はなく、勉強だけしてもよく、遊ぶだけでも良いです。
資金に余裕があればある程度自由になり、現地での生活すればその国の言語も多少身についていきます。

現地で働くことが出来るので、留学ほど予算がなくても生活できます。
ワーキングホリデー制度を利用すると、現地で仕事を探すのも難しくなく、生活費は現地で調達することが可能です。

留学生も多いので、世界中に友達を作ることが可能です。
世界中に友達ができれば、その国の友達の所へ旅行し、友達が観光案内してくれて、おまけに宿泊代が浮きます。

沢山の国の人たちと友達になれるので、日本にいたら出会えなかった国の人たちと出会い、語り合い視野を広げられます。
他の国の友達だけではなく、日本の友達も沢山作ることが出来ます。
そのような人とは、帰国してからも友情関係が続き、遊びに行くなどの関係を続けることが出来ます。