シンガポール

シンガポールのシェアハウス体験記

観光地としても人気の国がシンガポールです。
有名なマーライオンをはじめ、近年慣性した植物園なども人気となり、さらに今後も観光客が増えそうです。

そんな中、シンガポールでシェアハウスをして生活している人も多いです。
実際に日本と気候も近く、暮らしやすいという点があって人気です。

シンガポールのシェアハウス

実際にシンガポールに行くと、食生活の面で困ることが多いです。
アジア圏の食事には偏りがあって、とても美味しいところとあまり美味しくないところの差が激しいです。

美味しそうに見えるものでも、食べてみると口に合わないということが多いので、シェアハウスで長く生活するなら自炊した方が良いかもしれません。
ただ、美味しいところはもちろん美味しいですし、名店などに行くと日本人の口に合うものも多いです。

小さい店などは美味しくないところも多いので、比較的有名な店や地元の人がおすすめする店に入るのが賢明です。
シンガポールにシェアハウスをしに行った方の話だと、ラーメンなどは美味しいか美味しくないかのラインがはっきりしているので注意が必要です。

ラーメンなどは日本だと馴染みが多いですが、実は日本のラーメンが世界一美味しいと言われています。
日本の食事に慣れ過ぎていると、海外でのシェアハウスで苦労するかもしれません。

シンガポールについて

シンガポールは一見すると華やかで豪華絢爛な街並みが広がっていると思っている方も多いです。
しかし、都会があれば田舎ももちろんあります。

田舎とはいかなくても、都会から少し外れたところは日本の下町のようになっており、生活のレベルや店の綺麗さなども違ってきます。
その点には十分に注意しましょう。

シンガポールで実際にシェアハウスをした方の話によると、レストランなどは一般大衆食堂のようなものが多く、店内と店外がしっかり区切られているということは少ないようです。
日本の場合はどんな店でもしっかり区切られていますから、その点は刺激にもなります。

食事に関してはあたり外れがあるようで、美味しいものは美味しいですし、美味しくないものは美味しくないようです。
日本人は味覚が優れている方が多いですし、普段から豪華な食事を食べている方が多いので、海外に行くときには注意しなくてはなりませんね。

シンガポールにももちろん大衆食堂の他にレストランのようなものもあり、中華料理を提供している店もあります。
中華料理全般はアジア圏では非常に美味しく食べられることでも有名で、はずれを引くこともそこまで多くないので迷ったら中華にするという手もありかもしれません。

シンガポールの文化は比較的日本に似ていますが、食生活には十分に気を付けておくと訪問してから困るということを減らせます。