トロントの体験記

カナダのトロントでシェアハウスなどが近年人気になっています。
もともとカナダは自然も豊富でありながら、美しい街並みの都会もあって暮らしやすい地域でもあります。

実際に暮らしている方の生活を覗いてみると充実している人が多く、シェアハウスをしてみようという気持ちになります。

トロントでのシェアハウス

トロントはカナダにある都市であり、美しい街並みが広がっているところです。
カナダ人の特徴としては、しっかりものが多いということもあり、実際に契約書などを書かされることがおおいのが特徴です。

トロントで生活するときも、契約書を書かされた方も多く、金額やルール、違反事項や違反した場合の罰金なども細かう書面にて決め、サインをすることを求められるのです。
しかし、日本人はそういった決まりごとがあると逆に引きしまった生活ができて良いという方も多いです。

実際にシェアハウスの問題で多いのがルームメイトのトラブルで、例えば酒好きなルームメイトがいて、毎日泥酔して返ってきて大騒ぎするということがあります。
そうなると一緒に住んでいる方の迷惑になるので、実際にルールが決まっている方がシェアハウスをする上で大切なことです。

暮らしの中で何か違反的な行為や迷惑行為があった場合はオーナーに相談すると対応してくれるので、シェアハウスで悩みを持っている方はすぐにでも相談しましょう。

トロントでのシェア

実際にトロントでシェアハウスをした人の話ですが、水道代や電気代、ネット代が全て家賃に含まれているというのが特徴です。
日本では水道光熱費は別途かかることが多いですが、この方のシェアハウスではきっかり家賃に組み込まれていて管理も簡単です。

また、ベッドや机、生活必需品なども全てついているケースが多く、生活で困ることはありません。
ただ、その分家賃に関しては少し高めになっているので、生活するときは余裕を持った資金計画が必要となります。

物価が高いということもあり、実際に資金には余裕を持ってシェアハウスに挑むことが必要となるのです。
実際に家具などの生活必需品がついているのはシェアハウスでは当たり前のことになっているので、その点を考慮して決めましょう。

建物に関しても、ボロボロの建物が多く日本のような全ての建物がしっかりしている都市部などを想像していると驚く可能性も高いです。

実際に生活をしに行った方の話だと、生活に支障はないものの、部分部分の老朽化が進んでいるということもあるので、自分の暮らす場所が素晴らしい高級ホテルのように想像している方は、まずその考え方を変える必要があります。
それでもカナダは美しい街並みと大自然があるので、異国の地で暮らすには貴重な体験となります。