アメリカ

アメリカは日本と最も親善関係の深い国として有名ですが、本当にアメリカを知るには、実際にその国の人と交流をしてみるのが一番でしょう。

私は、自分自身がアメリカ系の企業に勤めており、上司もアメリカ人という環境におりますので、自分が肌で感じているアメリカをみなさんと情報共有させていただきたいと思います。

アメリカの文化、歴史について

アメリカは移民の国といわれていますね。

それは、アメリカの先住民というものはごくわずかで、ほとんどの国民が、どこかの国からの移民ということになり、その歴史も決して長いものではありません。

メルティングポットという言葉がありますが、この言葉のとおりアメリカは「人種のるつぼ」というのは本当であると、私自身も日々実感しています。

アメリカ人というよりは、ドイツ系アメリカ人、フランス系アメリカ人、中国系アメリカ人というように、その直近のルーツを元に、アメリカ人を分類するという発想はアメリカでは珍しくはありません。

これは、差別ということではなく、お互いを知るために、お互いが背負っている歴史や文化を知るには大切なプロセスなのです。

アメリカの常識は日本とだいぶ違うかも?

日本人は、秘すれば華の文化、歴史があり、あるいは言わずとも感じて欲しいというコミュニケーションが美しいとされていますが、アメリカ人は、言わないことは知らないし相手も知らせる気がないんだろうということで、発信、発言を重視する文化なのです。

言わない=意見がない=同意しているという理解がなされてしまいますので、ここは意見がある場合には「Noと言えない日本人」のスタンスを捨てて、勇気を持って発言しなければならないということに注意してください。

アメリカ人を理解するには?

アメリカと日本は近いようで遠い国かもしれません。

それは、日本人が遠慮したり、言わないということを美徳としているのに対して、上述のとおり、アメリカでは発信することが大切であるとされています。

お互いに理解をしたいと思ったら、「こんなことを言ったら失礼かな?」というような無駄な遠慮はせずに、とことん話をすることが大切です。

私も最初、相手に対して間違いを指摘したら失礼かな?とどきどきしながら、間違いを指摘したことがありますが、実際に発言してみると要らぬ心配でした。むしろ、「教えてくれてありがとう。」というような発想で、日本とはだいぶ違うなと実感しましたね。アメリカ人を理解したいなら、遠慮は無用です。

アメリカへ留学を志望する学生も多い

そんなアメリカという国を理解したり、最先端の学問や技術を学んだりと願う若者は多く、様々な国から留学という形でアメリカという大地に足を運ぶ学生は少なくありません。

かくいう日本も、NCNのような「アメリカ留学を支援する組織や団体」を通じて、アメリカの大学に留学をする学生が増加傾向にあります。とりわけアメリカの大学は、「将来は世界を相手に働いてみたい」と願う学生に人気が高く、卒業後に母国以外の国に就労するケースも多くなっています。

これはアメリカの大学において、学べる専攻分野が非常に多いという点と、様々な人種が暮らすゆえにグローバルな考え方を養いやすいという点が、大きく影響していると言えるでしょう。