ブラジル

日本人との相性も良い?

日本の真裏に位置している国として知られるブラジルはかなり遠い国という印象を受けますが、以前は日本からブラジルへ移住して生活するする人が大勢存在していたので日本人との相性も良いと言われています。
現在はブラジルから日本にやって来る人も多く、双方で往来して交流を深める光景をよく見かけます。
ブラジル人は陽気な人が多く、外国人ともすぐに打ち解けやすいことから付き合いやすいとも言われていますが、日本と異なる文化や常識が存在していることを十分理解しておく必要があります。

様々な仕草について

ブラジル人の仕草は独特の表現を示すものなのでどのような意味があるのか把握しておくと良いでしょう。
耳たぶを引っ張るような仕草をしている時には感謝をしているとか、感嘆していることを示しています。
耳たぶを触るクセなのかな?と思っていたところ、実は感謝の気持ちを示していたのだと後から気付くこともあります。

日本人はOKサインを示す時に親指と人差し指で丸を作りますが、ブラジルからやって来た人の前でこのサインを示すと低俗な人だと認識されます。
特に男性が女性に対してこのサインを示すと十中八九嫌われてしまうでしょう。
ブラジル人がよく使うOKサインといえば、親指を立てるサインだと覚えておきましょう。
ちなみに、日本人はお金を示す時にも同様に指で丸を作るサインを示しますが、ブラジル人がお金を示すときには指をこするような仕草をします。

気合を入れる時や勝利した時などにはガッツポーズを行いますが、これもブラジル人にとっては不快に感じるサインになります。
ガッツポーズはブラジルで喧嘩を売っているという合図なので、ブラジル人の目の前でガッツポーズをするといきなり喧嘩に発展するかもしれません。
ただし、喧嘩の合図と受け止められるのは片手でガッツポーズをした時で、両手でガッツポーズをした時や腕を頭の上までしっかりあげているなら喧嘩の合図と受け止められないようです。

ブラジル人は赤の他人でもフレンドリーに接する人が多いため、おとなしい性格の人が多い日本人は戸惑うかもしれませんが、しばらく付き合っているうちに慣れてくるのであまり心配しないようにしてください。

トイレの使い方

ブラジル人がトイレで用を足した後に入るとペーパーを流さず、汚物入れに入れてあって驚くかもしれません。
実はブラジルではトイレットペーパーを流すという習慣がありません。
そもそもブラジルでは水に溶ける品質の商品が少なく、水に溶ける商品は高額なためあまり使われていないそうです。
水に溶ける商品でも、水流が弱いためきちんと流れず詰まってしまうことが多いため、トイレットペーパーは汚物入れに入れるという習慣があるようです。