カナダ

みなさんは、カナダについてどの程度の知識がありますか?
観光でカナダに行かれた方は、その雄大な自然や壮大な景色に魅了されてきていると思いますが、
実際のところカナダ人と深くつきあったことのある方は、意外と少ないのではないでしょうか?

私は外資系の企業に勤務しており、3年間、カナダ人の上司と仕事で組んでいたこともあり、
カナダについては、観光以上の知識がありますので、
私の感じたカナダとカナダ人について紹介させていただきたいと思います。

カナダとアメリカの違い

文化とプライドについて日本人にとっては、カナダとアメリカの違いが
あまりわからないという方も少なくないのではないでしょうか?
日本から見た場合には、北米エリアにふたつの国が集まっているわけで、
おおざっぱにとらえると、同じような国であるかのように感じてしまう方も多いのではないでしょうか?
実際に、カナダ人はその点について、非常に不快に思っているということに気がつきました。

私はたまに間違えて、アメリカ人のようにカナダ人の上司に話しかけたことがあるのですが、
そのたびに「いいえ、カナダ人です。アメリカと一緒にしないで欲しい。」というようなことを言われました。
確かにそうですよね。

日本人はよく中国人と間違えられると思いますが、
そのたびに、みなさんも私は日本人ですというプライドを持ったと思います。
カナダの人たちも同じ感覚を持っていますから、
くれぐれもアメリカとカナダを混同しないようにしたいものです。
暮らしカナダは、非常に北に位置していますので、
冬が長く、一年を通じて涼しいもしくは寒い地方ということになります。

寒さをしのぐために

そこで発達したのが、カウチンセーターのような
目の詰んだ風をとおしにくいセーターや、アルコール(ワイン)です。
寒い暮らしを楽しむための食生活が発展していったのです。
また、きれいな水が多いので、サーモンも有名で、スモークサーモンはお土産としてもとても有名ですね。

カナダ人の性格

日本の北国の人の性格をイメージしてみるといいと思います。
長く厳しい冬を耐えぬくことができるように、我慢強い性格です。
この点も、快楽的なものを求める、アメリカ人の性格とはまったく異なるものです。
日本の北国の方と性格は少し似ているのではないでしょうか?

日本との違い

日本と異なるのは、やはり物事に対する表現でしょうか?
カナダ人もアメリカ人ほどではないにしても、きちんと自分の意見を表現します。
日本人は控えめですが、カナダ人と交流をする場合には、きちんと自分の意見を持って表現したいですね。