韓国

日本と近い国でも異なる部分が多い

韓国の人とシェアハウスで一緒に暮らす場合には日本人の慣習と異なる部分が多いので注意が必要です。
日本から近い場所にある国ですが、文化や常識の違いを感じる部分が色々ありますので、気をつけなければいけない点を確認しておきましょう。

マナーが悪い人が多い

韓国の地方都市ではよく見られる光景と言われていますが、行列にきちんと並ぶ人は少ないと言われています。
人の前に割り込んで入り、平然とした態度でやり過ごす人があまりにも多いと言われているので、きちんと順番を待つという考え方を持つ日本人にとってはあまり考えられない行為です。
ただし行列に並ぶのが苦手で平気で割り込む人が多いのは韓国人だけでなく、他の国の人にもよく見られることだと言われています。

他にも道を歩いている時突然つばを吐きかける行為を男女を問わずに行なう人が多いと言われています。
歩きタバコやゴミのポイ捨てなどの行動は韓国でよく見られる光景だとされているので、日本の生活に慣れている方にとってはにわかに信じがたい光景かもしれません。
日本人の感覚ではマナー違反と受け取れるような行動ですが、韓国人にとっては至って普通の行動という認識を持っている人が多いため注意が必要です。

握手の仕方

挨拶をする行動の一つとして握手をする場合には韓国特有のやり方を覚えておくと良いでしょう。
韓国人が握手をしている様子をよく見ると、相手と握手をしていない方の手を握手をしている手の肘に軽く添えるようにしたり、自分の胸に手を当てる仕草をしています。
これは自分より相手が格上である場合か年上の人を握手をする場合に行なう礼儀作法とされています。

食事のマナー

日本人の場合はお椀に入っているご飯を食べる場合などにはきちんとお椀を持って食べるのが正しい食事マナーになっています。
しかし韓国ではこのような食べ方はマナー違反とされていますが、韓国で使われるのは金属製の食器なので熱い食べ物を手で持つことができないからという説もあります。
ちなみに日本ではご飯をいただく時には箸を使用しますが、韓国ではスプーンを使ってご飯をいただくのが常識とされています。

お酒の席で注意したいのが、継ぎ足しをする時です。
日本の場合はコップに入っているお酒が残っている状態でもお酒を継ぎ足すのが一般的でも、韓国ではしっかりコップが空になってからでないと継ぎ足ししてはいけないとされています。
気を利かせたつもりでコップにお酒が入っている状態でお酒を継ぎ足すと、相手が韓国人なら怒りだしてしまうかもしれないので注意してください。

また、女性が床に座って食事をする際には日本人は正座をするのが正しいマナーなのに対し、韓国人はあぐらや膝を立てた座り方をします。