オランダ

オランダは海外旅行先としても人気の国で、シェアハウスを楽しんでいる方も多いです。
これからオランダに行くという方は知っておいてもらいたいことがたくさんあるので、常識として知っておくべきことを説明します。

オランダの常識

オランダは世界でも有数の芸術性の高い国であり、その人気も高いです。
その中の常識の一つとなっているのがノイズ(雑音・騒音)に関してです。

オランダの人はこの騒音というものを非常に嫌う傾向があります。
おそらくオランダ人が日本の都会に来るとあまりの騒音で卒倒してしまうかもしれません。

それほどにオランダは国が騒音対策をしており、アナウンスや公共の場でのBGMに相当気を遣っています。
日本のように大声で客引きをする風潮や店に入ると「いらっしゃいませ!」というような大きな音はあり得ません。

常に静かで落ち着きのある国、それがオランダなのです。
また、清潔な方が多く、常に街は綺麗に保たれています。

日本の方にごみのポイ捨てや犬のふんが放置されていることはあまりなく、綺麗な町になるように国全体が対応しています。

また、政治家などに関してもしっかり正義を持った方が多く、賄賂などの美しくないことはほぼ皆無です。
日本はわかりませんが、汚職や天下りという美しくない点はオランダにはほとんどないと言えます。

オランダの常識2

オランダにはホームレスなどはあまり存在していません。
日本のように正社員ばかりの優遇が良いという風潮はなく、パートやアルバイトでもしっかりしたセーフティネットが形成されています。

だからこそ住んでいる人は安心して暮らすことが出来るのです。
これも美しい街づくりに繋がることと言えます。

健康面でも意識が高く、自転車に乗っている方も多いです。
車で街が汚れるということもそうなのですが、実際にショッピングの時やレジャー、通勤通学で自転車を使っている人は多いです。

健康志向が他国よりも高い為、そういった自転車でのエクササイズなども行われています。
さらに駐輪場もいたるところにあるので、放置されている自転車が少ないことでも有名です。

食事の管理についてもかなり気を遣っている一面があり、国産の野菜や果物、乳製品などを摂取しています。
差かな料理が比較的多く、健康的な食事を毎日食べているのでオランダの方は元気な人が多いです。

肥満率に関しては10%と若干高めではあるもののアメリカなどに比べると低く、健康的な生活をしている人が多いです。
日本人の肥満率は驚異の3%ということもあり、世界全体で肥満が問題になっているものの、肥満な方は少ないです。

オランダの方は多様性があり、自由な発想を持っている方が多いです。
暮らしの点でも騒音に関して自由に発言したり、生活の豊さを感じている方も多いです。
一度は暮らしてみたい国、それがオランダです。