フィリピン

南国らしい国民性

フィリピンから日本にやって来て仕事や勉強をしている人も多いですが、近年は日本からフィリピンに留学をしたり移住をする人も多く、双方の国民が交流を深める機会が増えてきました。
シェアハウスで一緒に暮らすことも想定されますが、フィリピン人と一緒に暮らす際にはいかにも南国で暮らす人っぽいと感じさせるような文化や常識の違いがたくさんあるので、しっかり理解してあげることが上手に付き合うコツです。

大雑把な性格の人が多い?

日本人は常に時間に追われて忙しく暮らしている人が多いという印象を受けますが、フィリピン人はどちらかというと時間をあまり気にしない人が多いという印象を受けます。
約束していた時間に平気で遅れてきても特に悪びれる様子もないという人も多いです。
ただしオンとオフの切り替えはしっかりできる人が多く、仕事など大事な場面ではきちんと時間を守っているようです。
約束の時間に遅れたことを指摘すると笑ってごまかす人も多いのですが、これは決して悪意があるわけではなく笑顔で謝っているつもりなのだと考えてください。

フィリピンへ実際に訪れてみるとよく見られるのが、仕事をしている態度があまり良くないようです。
例えばレストランで食事をしようとして注文をしたところ、いつまで経っても出てこないのでしびれを切らして聞いてみたところ、きちんとオーダーが入っていなかったとか、間違って違う商品を持ってきたなどの事例が多々あります。
真剣に警備しなければいけないはずのガードマンすら、仕事中に居眠りをしている光景もよく見かけられます。
日本人はどんな事に対しても真面目に取り組む性格の人が多いので、フィリピン人の態度が不真面目に感じられてイライラする場合もありますが、これがフィリピン人の国民性だと理解することが大切です。

噂が大好き!

これは日本人でも該当する人も存在していますが、フィリピン人は噂話が大好きという人が本当に多いようです。
初めて会った人にもいきなりデリケートな話題に触れようとするので、図々しいとか空気を読めないと感じる人も多いでしょう。
相手がどのような人物なのか早く知りたいという気持ちから、色々な話を聞き出そうとしているのかもしれませんが、あまり触れられたくないような話題に対して律儀に答えていては疲れてしまうのも当然です。
話をしたくないような内容なら、笑ってごまかすなどの対応でも構いません。

ナマモノはあまり食べない

フィリピンではナマモノを食べるという習慣があまりないそうで、生野菜サラダを出しても食べてくれないでしょう。
野菜に大量の農薬を散布して育てていること、水があまり衛生的ではないので野菜を洗い流しても生のままでは病気にかかる恐れがあることなどが生野菜を食べない理由になっています。