スペイン

情熱の街として知られているスペインも日本人の観光客など人気です。
日本とは違った文化が色濃いスペインは普段の常識を覆されることも多いので、生活してみると面白い点もたくさん見えてきます。

スペインは食文化も豊富で建物や歴史的な街並みも美しいです。
観光に行く方は常識を知ってから訪れましょう。

スローフード文化

日本ではあまりない文化として知っておきたいのがスローフードです。
スペインの方の食事はとてもゆっくりしています。

家族や友人との会話をゆっくり楽しみながら、じっくり時間をかけて食べていきます。
日本では食事中は話をしないという風習もあり、現在はそのような風習などは薄れてきていますが、スペインの食事などは日本人とはまた違った雰囲気があります。

食事も日本人はパパッと簡単に済ませる方も多いのですが、スペインの方は違います。
中には二時間分の昼食を用意して食べている家庭もあるほどにスペインはスローフードの文化が根強いです。

実際にスペインの夏は非常に長く、日本は長くても午後19時に頃になると暗くなってきますが、スペインでは午後23時ごろに日暮れを観測することもできます。
それが情熱の街ならではのスローフード文化を生んでいるのかもしれません。

日本人の忙しい生活に慣れてしまった人は、スペインでゆっくり生活してみるのはいかがでしょうか。
その穏やかで美しい雰囲気に心も身体も癒されること間違いないです。

ショッピングに関して

スペインの常識であるスローフード文化について知った後は、ショッピングについても知るとさらに楽しめますよ。
スペインで買い物に出かけるときは自分が知らないところを回ってみるというのが良いです。

治安が良いということもあり、日中に一人で行動しても基本的には大丈夫です。
海外旅行全般の常識ですが、危険なところには足を踏み入れない事は大切ですが、知らないところに飛び込んで楽しむことができるのもスペインの楽しみ方です。

道がわからない時には周りの方に聞くと親切に教えてくれることもスペインの常識です。
人見知りをする方が少ないので、気軽に道を教えてくれるでしょう。

ただ、土地の起伏が激しいので普段から運動しない方はショッピングで移動するだけで疲れることもあるので、体力に余力があるときに回るのが良いです。
物価としては比較的安く、質が良い物でも安価で手に入れることもできます。

また、バーゲンなども行われているので、旅行の時にバーゲンに遭遇できると安くて良いものをたくさん買うことができてお得です。

観光でもシェアハウスで暮らす時でも、ショッピングは重要なので、日程を調べて回ると良いです。
ただ、日本とは時間の感覚が違うので、タイムスケジュールはしっかり管理すると便利ですよ。