スウェーデン

日本でも人気の国として知られている国がスウェーデンです。
しかし、実際にスウェーデンに観光に行きたいと思っている方が多いのに対しスウェーデンのことをあまり知らないという方も多いです。

実際に豊かな街並みや食文化があるのですが、自然が豊かなことくらいしか知らない日本人も多いです。
この記事ではスウェーデンという国について説明します。

スウェーデンという国

スウェーデンは北欧にある国であり、自然が豊かな国です。
首都はストックホルムというところであり、首都の人口は約100万人弱。人口はそこまで多くないですが、近年は移民の流入によって人口も増加しています。

移民がやってきたことによってスウェーデンの生活が今後も多くの人種に広がっていくと考えられています。
ストックホルムはスウェーデン最大の都市であり「北欧のヴェニス」と呼ばれるほど美しい街並みが特徴です。

実際に観光でこの地を訪れた方はその美しさの虜になっている方も多く、リピーターも多いです。
芸術的な街並みは水と自然と町が作り出しており、一度は住んでみたい土地です。

ほかの都市としてはイエーテボリやウップサーラなどがあります。
どの町も美しく芸術肌に問いかける町となっています。

観光の際はその町並みを存分の楽しめますし、シェアハウスで長期間暮らす方は、街の魅力に惹きこまれるでしょう。

スウェーデンの一日

スウェーデンの朝は日本と同じく6時ごろから起床する方が多く、7時には出勤・通学する人が多いです。
起床後は朝食をしっかり食べて一日のエネルギーを摂取します。

日本人は朝食を怠る方が多いですが、スウェーデンの方はガッツリ食べます。
シリアルをはじめ、トーストやチーズ、バターやハムなどの朝食の定番をしっかり食べて朝が始まります。

食事に関しては魚料理と乳製品が豊富で、魚は思っている以上に食べる量が多いです。
朝食をとった後は各々会社や学校に行き昼前に間食をします。

昼食を食べた後にも間食をして、帰宅後に夕食。
その後夜遊びをして眠る前に間食をします。

食べることに対して積極的な姿勢が多く、実際にスウェーデンの方は身体の大きな方も多いです。
観光で行くときにはたくさんの食事が提供されることが多いので、実際に多いと感じたら注文の時に少なめにしてもらうと良いです。

ただ、どの食事もおいしいものが多く日本人の口に合うものも多いです。
基本的にスウェーデンの方は毎日元気に働いて美味しいものを食べて生活しています。

スイーツなども豊富で甘いものが好きな方も多いので、スウェーデンに長く住んでいると太ってしまうかもしれません。
ケーキなどはカーカと呼ばれるものとベーケルセというものがあるので、それぞれ自分にあった大きさを選びましょう。