トルコ

トルコは魅力的な国です。
まず西洋と東洋の中継地点の意味合いがありまして、これによって西洋と東洋の両面を受け継いだ独特の文化を持っているのが魅力といえます。

そのうえで、親日国という、日本人にとってはうれしい要素があります。
なぜそうなったかといいますと、一つは和歌山周辺でトルコの船が沈没した際、国家を挙げて彼らの救出と、トルコへの派遣に尽力をつくし、その後2000年代になったら、トルコ軍が命を懸けて、日本を救ったり日露戦争においては、仇敵のロシアをやっつけたことから、こうした友情がいまだに続いているわけですね。

そうなってきますと、気になるのはトルコの常識や文化などの性格が知りたいとは思いませんか?そこで今回はそれらを紹介していこうと思うのです。

トルコの異性感

まず、トルコの常識を見てみましょう。
まず宗教の面ですが、前述のように西欧と東洋の融合と述べましたが、宗教は99パーセントは、イスラム教徒なのです。
じゃあよくニュースでやっているような過激なものかといいますと、そんなことはないそうで、街には禁止されてるはずのアルコールが売られているようですし、色々な国の文化を取り入れているようです。
こういう点が日本と近いのではないでしょうか。

また、気候の関係から頭髪の薄い人男性が多かったり、逆に体の中の体毛が多いのが特徴だそうです。
また、女性の好みとしてみてみると、胸毛等が厚い方が好みらしく、持てる対象になるようで、逆に頭皮が薄くても持てないわけではありません。
そういうわけですから、日本と違ってかつらの宣伝が少ないというわけなのです。

また、女性は、南国のようにこんがりと焼けている女性がいいとされるのです。
ここは、日本人との感性の違いといえるのではないのでしょうか?

トルコの文化

トルコの文化を見てみますと、大方は前述のとおり、 西洋と東洋の両方が混ざったような感じで、世界でも5本の指に入る料理のおいしさといわれていて、主に自然のもの食材を最大限に利用しているといえます。
そのうえで、国内食材を最大限に使っているそうです。
主食はパンが多いようです。

陶器を見てみますと、モザイクなどがちりばめられて独特のものを創り出しているのも興味深いものがあります。

以上のようにトルコと日本の違いを調べてみました。
トルコには素晴らしい文化があって、日本と違いはあるにせよ、魅力的なものが多数あるのではないのかと思いました。
皆さんもトルコの良さを見て欲しいなあと思います。