イギリス

皆さんは、イギリスについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
グレートブリテンという言葉を英語の授業で習ったけれど、なんだか紳士の多い、ちょっと気取った国なんじゃないだろうか?とか、紅茶のおいしい国なんでしょう?というように、いろいろなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
それだけ、イギリスはあこがれる人が多い国のひとつでもありますよね。
イギリスを正しく理解したいと思っていらっしゃる方のために、私が実際にホームステイを通じて感じたイギリスをこちらで紹介させていただきたいと思います。

伝統を重んじながらも近代的な街並み

イギリスの文化、歴史イギリス、特に首都ロンドンを訪れる方は多いと思いますが、イギリスに行ってまず驚かされるのは、歴史的建造物と近代的な建造物が、ひとつのとおりをはさんで、両立しているということではないでしょうか?ある通りに立って、右手を見れば歴史的なロンドンの街が、ちょっとはずれて左手を見てみると超近代的なロンドンがというように、町には歴史と近代があふれています。

ロンドンの文化は、みなさんが意識されるように、英国紳士的な一面もあれば、パンクやロックが発祥して育った町にふさわしく、ファンキーな文化もあるのです。
とはいえ、歴史的には、やはり王国の歴史があるため、伝統を重んじて、文化を大切にするという心は、イギリス国民の根底に共通して流れているということを感じますね。

特に、昔から続くパブの文化は今も健在で、男性は、夜の時間をパブで過ごしています。

日本との共通点

日本との共通点、相違点で私がイギリスにいて一番思ったのは、実はイギリスの国民性は、アメリカよりも日本の方がずっと近いということです。
なので、いろいろな意見交換を行うと、共感できる部分も非常に多いのではないでしょうか。
おそらく島国同士ということも共通した考えを支えているのではないかと考えられます。

相違点としては、特段ないように感じます。
イギリスの見所イギリスを観光すると、本当にたくさんの見所がありますが、私がオススメしたいのは、美術館、博物館めぐりでしょうか?大英博物館、国立美術館等は、見所満載で、一日いても、何度訪れても飽きることがありません。
ミュージカルもいいですね。
もし、あなたがミュージカルファンでしたら、是非、ロンドンのミュージカルも楽しんでみてください。
素敵な夜の時間をお約束しますよ。

イギリスの料理はおいしい?イギリスの料理が個性的という時代は終わりを告げました。
今ではおいしいイギリス料理が楽しめます。