異文化交流は、海外での語学留学でも

留学時の滞在方法

皆さんは語学留学をするときの滞在方法として、どのような滞在方法を想像するでしょうか。
多くの方がまず想像するのは、ホームステイです。
ホームステイというのは、現地のホストファミリーという受け入れ家族の家で、実際に暮らすというものです。
基本的に朝と夕の2食はついてきます。

トータルで見ると安上がりになる場合もありますし、何より相談相手としてホストファミリーは頼もしい存在です。
語学留学をする際には、語学学校のスタッフや斡旋業者のスタッフに相談するという手もありますが、
もっとパーソナルな悩みを持っているときには、ホストファミリーが頼もしいですね。
しかし、ホストファミリーによっては非常に差が出てしまうのも、ホームステイです。

また、自分でアパートを探すという手もあります。
アパートにすむことは、ホストファミリーとは異なり、まさに住んでいるなという実感を持つことができます。
しかし、言葉も分からない異国でアパート探しをするということは、正直言って不安だらけです。
また、アパート暮らしというのは何でも自分でやらなければならないので、
勉強時間が取れない可能性もあります。

シェアハウスがおすすめ

さらに、アパート暮らしは必要がかさむもので、そこで最近注目を浴びている滞在方法が、シェアハウスです。
これは普通の一軒家を改装して複数の住人で住むというもので、最近では日本でも人気が出てきております。
しかし、ここでまず気になるのが、どうやって物件を探せばいいかという問題です。
たくさんあるアパートでさえ、探すのは大変だというのに、
特殊な形態であるシェアハウスなど、なかなか自力で探せません。

そういったときには、語学学校や斡旋業者のスタッフに相談をしてみることです。
できることならば、こういった不動産探しにおいては、
現地のネイティブの力を借りたほうがいいので、語学学校のスタッフが賢明でしょう。
語学学校で一軒丸ごとシェアハウスを借り上げている場合もありますので、
そうなると非常に話がスムーズです。

ネイティブの少ないハウスなら異文化交流に

語学学校経由でシェアを紹介してもらうと、ネイティブの人はあまり、というかほとんどいません。
ネイティブ以外の外国人ばかりという場合も多いものです。
それをメリットととらえるかデメリットととらえるかはその人次第ですが、とにかくその国にどっぷりつかりたい
という人にとってはデメリットになりますが、異文化交流をとにかく楽しみたい人にとってはメリットとなります。

他の外国人の方も、その国の言葉や文化を学んできていますので、非常に好奇心旺盛なものになります。
議論をすることもしばしばです。
ネイティブが入っていれば、そこで文法の間違いや発音の間違いを直してくれたりもしますが、
そこで重要なのは文法や発音ではなく、話している内容です。

非ネイティブの場合、単語のみの会話になるケースも多く、
その点では初心者にとってはネイティブの人よりもかえって会話の内容がつかめるというメリットもあります。
その外国人の母国語を教えてもらうことで、複数の言語を学べるという異文化交流もあるのです。