カレー

外国の料理を一緒につくる

国際交流ができるシェアハウスで、外国の文化を学ぼう!

国際交流ができるシェアハウスにすむなら、やはりその機会に「外国の文化を学んでみる」というのはとっても大切なことになります。
海外の文化って、なかなか学ぶ機会がないもの。
本をみることができても、実際にみて学ぶということはしずらいですよね。
だからこそ、国際交流ができるシェアハウスで学ぶという選択肢がでてくるわけです。
国際交流ができるシェアハウスであれば、外国の人がたくさん入居をしていますので、その人たちを通して海外の文化を楽しむことができますよね。
料理は、そんな海外の文化を知る上でとても参考になるものですし、楽しいものでもあります。
だからこそ、この国際交流ができるシェアハウスをきっかけに、海外の文化を学んでみてはいかがでしょうか。

国際交流ができるシェアハウスで学べる海外のお料理

例えば、国際交流ができるシェアハウスにインドの人がいたら「カレー」の作り方を学んでみては?
実は、日本のカレーとちがってインドのカレーは種類が多く、ほんとうにたくさんのカレーを食べることができます。いろんなスパイスをつかって、色々なカレーを食べるんです、インドの人は。
だからこ、そういうことを学んでみてはいかがでしょう。
インドのカレーは、日本とは作り方も食べ方もまったく異なりますので、「これがカレー?」と驚いてしまうかも。ぜひ、インドの人に本場のカレーを学んでみたいですね。

韓国料理を学んでみませんか?

国際交流ができるシェアハウスなら、「韓国料理を学んでみる」という方法も。
韓国料理と言うとキムチ鍋ですが、これも日本のキムチ鍋と本場韓国のキムチ鍋ではまったく作り方が異なりますので、こういった違いを学んでみるチャンスです。
国際交流ができるシェアハウスに韓国の方がいたら、これをきっかけに勉強をさせてもらってはいかがでしょう。
日本と韓国は距離が近いため、似たようなお料理やお菓子に出会うこともあるかもしれません。
例えば、日本の海苔巻と韓国のキムパッはちょっと形が似ていますよね。このように、多くの共通点がある日本と韓国なので、その違いを学んでみるのは大切なことですよ。
国際交流ができるシェアハウスで、韓国料理を学んでみるというのは本当にオススメです。

このように、国際交流ができるシェアハウスをきっかけにできる異文化交流にはわりとたくさんの種類があります。楽しく異文化交流をしていきましょう!