教会

世界のお菓子作りを楽しむ

シェアハウスで楽しいお菓子作りにチャレンジ

シェアハウスで、とっても楽しいお菓子作りにチャレンジをしてみませんか?
それも、ただ「お菓子」というだけでなく、外国でよく食べられているクッキーを作ってみるのは?
「お菓子作りって面倒なんじゃ…」と思うかもしれませんが、意外に頑張れば簡単にできたりします。
だからこそ、シェアハウスで外国の人に「どんなお菓子があるのか」を聞きながら、お菓子作りに挑戦してみましょう。
では、作ることができるお菓子にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

ステンドグラスクッキー

まず、オススメしたいのが「ステンドグラスクッキー」。
皆さんは、ステンドグラスクッキーについてご存知ですか?ステンドグラスクッキーとは、クッキーの真ん中にまるでステンドグラスのように輝くアメが入っているクッキーのこと。
これが、実はわりと簡単にできるんです。
ステンドグラスクッキーの作り方は、クッキーの真ん中を型でくりぬいて、クッキングペーパーの上にそれを並べて飴をおく、というもの。
これをオーブンに入れると、飴が溶けてまるでステンドグラスのように輝きます。
海外では、このステンドグラスクッキーを作って、クリスマスツリーに飾るというのが定番だそう。
とっても可愛いステンドグラスクッキーたちを、シェアハウスで作ってみませんか?

マフィン

実は、アメリカでは何かというと自宅でマフィンを焼き、それを食べるということがあるそう。
学校の行事でマフィンが使われることも多く、こういった場合にマフィンは手作りのものを持っていくそうです。
コツは、ちょっと甘めにつくること。
そういえば、セックスアンドザシティというドラマでも、本当に色とりどりのマフィンたちが登場しています。
このマフィンたちを作ってみませんか?
マフィンはざっくりと混ぜて焼けばいいだけなので、オーブンさえあればわりと簡単に作ることができます。
子供と一緒に作ってみてもいいかもしれません。
マフィンの上にクリームを乗せるなどして、いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

クッキー

これは日本でも既に定番のお菓子ですが、海外でも人気がありますので、いろいろなタイプのものを作ってみてはいかがでしょうか。
ちょっと甘めにしたり、簡単なものなら「アイスボックスクッキー」は簡単です。
なんといっても、材料を混ぜて切るだけ。
このように、簡単につくることができるお菓子にはいろいろな種類がありますので、ぜひシェアハウスでチャレンジをしてみてください。