40歳を過ぎたらここで暮らそう

40歳、将来が不安

40歳ってどのようなイメージですか?人生を色々と経験しつくしているとか、
もう何も怖いものがなさそうとか40歳に対して世間はやや強いイメージで
持たれている方が結構いらっしゃいますね。

でも正直40歳で独身となりますと本当に不安になってくるのです、
これから先素敵な人との出会いだって期待することができないだろうし、
それにもしかしたら老後は一人ぼっちで迎えてしまうかもしれない。

自分の最後が孤独死になるのはどうしても避けておきたいところです、
しかし自分もそのような人生になってしまうかもしれないのです。
今から頑張って婚活をしても結婚できる可能性なんてほとんどありませんし、
同棲をしたい男性が現れるわけでもなく、このままこのアパートで一人きりになってしまうのだろうか。
このことを考えると無性に40歳という年齢が怖くなってくるものです。

誰かと一緒に暮らしていたら孤独死を避けることができると思ったので、
40歳の独身女性でもちゃんと受け入れてくれるシェアハウスを探すことにしました。

40代でもシェアハウスで楽しい暮らしを

やっぱし住む場所と言ったらガヤガヤとうるさい場所ではなく、
ゆったりと時間が流れる海岸沿いのシェアハウスのほうがいいなと思いました。

こうした場所で住人の方々と仲良く暮らしていたら、余計なことを考えなくても済みますし、
いざ何かあっても住人の方々と協力をして乗り越えていくことができると一番いいですよね。
老後の孤独死を避けるためにも、やっぱし自分から行動をとらないといけないとつくづく感じました。

こうしてシェアハウスという1つのコミュニケーションを利用して、
少しずつですが自分でできる範囲でソーシャルネットワークを構築することができると、
よりたくさんの方々に自分のことを知ってもらうことができると思ったのです。

こうして毎日仕事以外でシェアハウスの住人やそのお友達と接することで
明るい40代を生き抜いていくことができるのではないかなと思ってしまいました。
もう無理に自分を守ってくれる結婚相手を探す必要はないです、こうしてシェアハウスという場所が
自分を守ってくれるし、強くしてくれるのではないかなと感じましたからね。

それにソーシャルネットワークというものは、人から与えられるものではなく、
自分の努力で構築していくものではないかなと思いましたね。

こうしてシェアハウスのリビングで住人たちと楽しく珈琲を交わしている姿だって
自分から声をかけて、徐々に溶け込むことができたのですからね。
だから最初からなんでもうまくいったというわけではないのです、
今この場所で暮らしているのですが本当に気に入っています。
自分で頑張ってシェアハウスを探した甲斐があったなと思うくらいによい住居スペースです。

穏やかな海の音を聞きながら毎日地元でとれたおいしいものを食べているだけで
幸せに感じることができます。
そして夜になったらコーヒーを片手に住人さんたちと楽しいトークで大盛り上がりですね。