桜

日本の文化を教えてあげる

外国人に日本の文化を知ってもらおう

シェアハウスの中には、外国人と住むシェアハウスというものもあります。
海外から来る外国人の中には、「外国人と住むシェアハウス」を選んで住む人も増えているとか。
日本ではまだまだ珍しいという扱いをされるシェアハウスも、実は海外からみれば当たり前で、既にあちこちで実践されているものであることも多いとか。
例えば、フランスのパリは建築基準が非常に厳しくて古い建物を使い続けているために、住居を増やすことがえきません。そこで、パリにもともと住んでいる人がシェアハウスとして自宅の一部を提供することで、共存をしています。
アメリカでもシェアハウスは本当にたくさんみることができますよね。
なので、外国人の中には「シェアハウスにまったく抵抗がない」という人も少なくなく、だからこそ日本でも外国人と住むシェアハウスを選択して住むというケースが増えています。
外国人と住むシェアハウスは、本当にいろいろな国籍の人が一緒に住んでいるということが魅力。
国籍がちがえば、それぞれの文化を学ぶことができますよね。
外国人と住むシェアハウスには、そういったグローバルな情報交換ができるというメリットがあります。

日本の文化を伝えていこう!

そういった外国人たちに、ぜひ日本の文化を伝えていきましょう。
外国人と住むシェアハウスには、そういった日本の文化を伝えるチャンスがたくさんあります。
例えば、日本では桜をみながらお花見をするんだよ、ということ。
夏になったら、各地でお祭りがありますよね。それにはこういう意味があると。
日本のクリスマスはこういうもので、お正月はみんなで餅をたべておせち料理を囲む。
外国人と住むシェアハウスでは、こういった生の経験を伝えるチャンスがあります。日本人が海外に行ったとき、向こうの文化を教えてもらえたら嬉しいし、勉強になると思いますよね。
ぜひ、外国人と住むシェアハウスで実践していきましょう。
このように、外国人と住むシェアハウスでは外国人と日本人が生活を共にしながら互いの文化を教え合うことができる、というメリットがあります。こういったメリットについて、多くの人に知ってもらいたいですね。
この外国人と住むシェアハウスを通して、日本の文化と日本の素晴らしいところ、いいところをたくさん伝えていくことができたら、こんなに素晴らしいことはありません。
日本の文化を伝えながら、海外の文化を教えてもらって、国際交流をしていくことができたら素敵ですね。