自然とソーシャルネットワークを作る

都会では特に人のつながりが希薄になりがち

職場と家と友人や恋人、行くところでたくさんの人と出会うことができるのですが、
その中で一体どれくらいの人と語り合うことができて、自分が窮地に陥った時に助けを求めることができるのか?
と聞かれると少し答えにくい回答になるかもしれないです。
最近ではインターネットに少し依存しすぎているところがあるので、
少し人間関係のほうも希薄になっているところがあります。

それにテレビでは盛んに孤独死という言葉がクローズアップされているので、
もしかしたら自分もこのまま恋人もいなくて一生独身だったらその可能性がすごく高いと思ってしまいますよね。
一人ぼっちになれていると人とかかわるのが少し難しく面倒くさく感じるときがあります。
でも結局こうして生きているのは人に支えられているからではないかなと思いましたね。

世の中のソーシャルネットワークが少し崩壊気味になっているのですけれども、
この不況を機会にもう一度人とのつながりが見直されているのです。
特に都会で暮らしていると人間関係が希薄になりがちですけれども、
家賃が高い東京で一人で暮らしていくのには、それ相応の収入が必要となってきます。

人と触れ合いながら生活できる

若者はこうした高い収入を確保することが難しい状態ですので。
知らない人と一緒に共同生活を送るシェアハウスというものが徐々に盛んになってきました。
人と一緒に生活を共にしないといけないですが、その分家賃など生活にかかってくるお金が
すごく安くつきますので、お給料が低い若者にとってはすごくありがたいシェアハウスです。

最初は赤の他人と一緒に生活をするのが苦痛だと感じる人もいるかもしれないですが、
少しずつシェアハウスの中でのルールや生活スタイルに慣れてきて、
ぎこちなかった住人とのコミュニケーションも徐々に円滑に取れるようになってくると、
窮屈だったシェアハウスでの生活も楽しくなってくるし、
少しずつ自分のソーシャルネットワークを広げていくことができるのです。

次第に人間きらいも克服することができるし、人の輪を広げていくこともできるので、
シェアハウスによって自然とソーシャルネットワークを構築していくことができるといっても過言ではないですよね。
こうした人間関係の作り方を知ると会社や取引先との関係も良好にすることだってできるし、
初対面の方とも話をしやすくなるのではないかなと思いましたね。

人間関係が希薄になっている都会だからこそもう一度頑張ってシェアハウスで生活をしながら、
自分自身を再生していくことができるのではないでしょうか。

自分は人づきあいが嫌いすぎるから駄目だと、尻込みをしている人でも
少しずつシェアハウスでの生活に慣れてくると人がこんなに暖かいものだと
少しずつ認識することができるのではないかなと思いましたね。

あたたかい春になりましたので、今一度不動産屋さんに行ってシェアハウスの概要について聞き出して、
自分が住む場所を決めてみるのはいかがでしょうか?