もう一人ぼっちではないです

一人暮らしは心細い

毎日のように誰かと一緒に生活をしていると少し煩わしいところがあるかもしれません。
その煩わしさが嫌で一人暮らしをスタートする人もすごく多いですね。
でも数日間一人暮らしをしているとちょっと人恋しくなって、また人がいる家へ戻りたいと
思ってくるものです。特にたった一人で生活をしている時に病気になった時に感じるときが多いですね。
看病をしてくれる人がいないですし、たった一人で病院へ行って自分でおかゆを作ったり、
熱を下げたりしないといけないです。

こんな時に誰か一緒にいてくれたらいいけれども、
もうちょっと気軽に暮らすことができる住居スタイルがないかなとじっくりと考えてしまいます。
一人暮らしのような同居スタイルって存在するのかな?とインターネットで色々と情報を検索をしていると、
シェアハウスという文字を発見しました。少しだけ大きな一戸建てやマンションで数名で
シェアをして生活するのです。シェアハウスの中ではある程度ルールがありますが、
そのルールさえしっかりと守っておいたら、あとは自室でゆったりと生活をすることができるのです。

もちろんお金の面で気になるところもありますよね、お金はなんと収入が低くても大丈夫です。
家賃や光熱費・管理費などは折半ですので、一人暮らしにかかってきた時よりも
かなりお金を抑えることができるのでは? それにひとり暮らし時代の時は全然貯金を
することができなかったのですが、シェアハウスになってから結構お金を貯めることが
できたという声もよく聞こえるようになりましたし、
何よりもシェアハウス暮らしのおかげで寂しさを感じることもなくなったし、
病気になった時でも住人の方に助けを求めることだってできるのです。

人とふれあって自分の温かみを取り戻す

やっぱり誰かと一緒に生活をしていると、心のどこかに心強さを感じることができるのが
すごくいいところですよね。それに住人さんと一緒に暮らしているともう自分は
一人ぼっちではないという意識が芽生えてくるのです。

一人で快適に暮らすのもいいですが、やっぱしこれからは一人暮らしでありながら
同居であるシェアハウスのほうが最適な暮らし方ではないかな?

私の周りでも最近では一人暮らしをやめてシェアハウスへ転向する人が続出しています。
家賃の安さも魅力的ですけれども、やっぱし誰かと一緒に暮らすと心が落ち着くのですね、
一人暮らしの時にこんな経験はありませんでしたか?

快適な一人暮らしだけれども、心の中にどこかぽかんと穴が開いている状態を感じたことは
ありませんでしたか?ひとり暮らしをしていると家の中で笑い声を聞くこともないですし、
言葉を発することができないものです、
だからこそこのシェアハウスでは毎日人間らしい生活を送ることができるのです。

人間と毎日触れ合うことで、自分の知らない温かみのある自分を発見することが
できるのではないかなと思いましたね。一人暮らしもいいけれども、
あたたかいシェアハウスで生活してみてはいかが?