誠

日本語を教えてあげる

外国人と暮らすシェアハウスで日本語を伝えよう!

外国人とクラスシェアハウスで日本語を教えよう、という動きが高まっています。
日本にくる外国人の中には、「日本語を学びたい」と考える人も少なくないため、外国人と暮らすシェアハウスで日本語を教えるという動きは、相手にとっても歓迎されるようです。
英語もそうですが、やはり言葉を覚えるときと言うのは「習うよりなれよ」。
教科書を見ていちいち考えながら学ぶよりも、実際にその言葉を話す人たちの中に入るという環境に身をおいたほうが、言語能力は伸びやすいと言われています。
日本人でも、英会話をならうために留学をすることがありますよね。
それはやはり、現地で学ぶ英会話に勝るものはないからです。
教科書やテキストで学ぶ英語が、海外では通じないことはよくあります。
また、同じ英語でもアメリカ英語とイギリス英語ではまたニュアンスが違いますので、どちらかを学びたいと考えている人は現地にいって学ぶという選択をするようですね。
だからこそ、日本でも外国人と暮らすシェアハウスで日本語を教えるという取り組みは素晴らしいものです。
外国人と暮らすシェアハウスで日本語を教えるということは、ともすれば国際交流にもつながりますし、こちらにとってもいい経験につながる可能性があります。

日本語って難しい!!!

実は、外国人からみて日本語というのは本当に難しいものであるとか。
東方神起が日本にきたとき、韓国でひととおりの日本語を学んできたにも拘わらず、やはり言葉を理解することは難しかった、と語っています。
また、日本は一人称だけでもたくさんあるのが特徴。「私」「あたし」「俺」「僕」と使い分けがあるので、これを覚えるだけでも本当に難しい様です。
また、略す言葉もありますよね。
「スマートフォン」はスマホのことですが、これだって「略すこともある、そういう使い方もある」ということを知っていなければ、もしかしたらわからないかもしれませんよね。
しかし、外国人と暮らすシェアハウスで日本語を教えることができれば、実践経験を積みながら日本語を学んでもらうことができます。
もちろん、日本人もがいこくじんと触れ合いながら外国を覚えることができるチャンス。
こういったチャンスを生かして、ぜひとも外国語を学んでいきたいものです。
外国人と暮らすシェアハウスで日本語を教えるという取り組みは、本当にいろいろな場所で行われています。ぜひ、こういった取り組みがもっと広がってほしいものです。