カフェスペース

ソーシャルネットワークとシェアハウス

最近では格差社会という事がすっかりと定着してしまっています。
しかしこの日本において格差社会という言葉が定着してしまうのは少し問題があるように感じます。
一度でも格差を味わってしまうとそこからなかなか這い上がることが難しい世の中ですが、
ソーシャルネットワークを通じて貧困から脱出することができないだろうかとふと考えていました。

シェアハウスで貧困から脱出

ほんの数年前までは派遣社員で働きながらもインターネットカフェで
寝泊まりをするネットカフェ難民という言葉がありました。

しかし最近ではこうした言葉を耳にしなくなりました。
もしかしたらまだネットカフェ難民がいるかもしれないですけれども、
もしかしたらシェアハウスという貧困から何としてでも脱出をしたいと考えている
ソーシャルネットワークのおかげでネットカフェ難民が減少しているのかもしれないです。

シェアハウスは1つのマンションの部屋に何人かで共同で暮らす住居スタイルです。
すべてのシェアハウスに共通することと言ったら家賃と光熱費が
折半だし非常に格安の価格で住居を手に入れることができるのです。

どれだけ働いてもお給料が少なくて一人暮らしをするだけのお金がない若者にとってはすごく助かる住居です。
安いシェアハウスで暮らしながら、そこで一緒に生活をしている住人達とどのようにして仕事を得るのか、
這い上がっていくのかを日々語り合いながら貧困から脱出することができるといいですよね。

シェアハウスで生活しながら何とか頑張って貯金をためたり、
新しいキャリアを手に入れるために資格の勉強をしたり、
専門学校へ通ったりと住人達と励ましあって貧困から抜け出すことができるといいです。

こうしたソーシャルネットワークがなかったら今頃どうなっていますか?
毎日派遣先に行って自分の仕事をこなしながらインターネットカフェなどで
寝泊まりをするのもかなりきついものですし、
それにこうした生活が長く続くと自分が年老いた時に何にも保障されることがないです。

まずは寝るところを確保するところから

まず貧困から脱出するには、帰って寝るところを確保することです。
それに今では東京中にたくさんシェアハウスが存在しているので、できるだけ安い物件を探してみてください。
絶対に見つけることができると思いますからね。

貧困を脱出できるのは自分一人だけの力では少し難しいところがありますので、
こうしたサポートをしてくれる団体などに相談をして、
なんとかシェアハウスを紹介してもらうこともできるそうですよ。

シェアハウスのおかげで少しは日本の労働環境が良くなってくれるといいですね。
それに最後の目標としてはシェアハウスの住人がちゃんと正社員の仕事について、
普通の一人暮らしを開始することができることではないかなと感じました。

一人前のお給料を手に入れることで、ようやく貧困から脱出することができると思いますからね。
この際シェアハウスでがむしゃらに頑張ってみるのはいかがでしょうか?
今の状況から脱出してみませんか?そのほうが絶対にいい人生になると思います。