履歴書

ワーキングホリデーのデメリット

働く場所が限られる

その国に滞在した場合は、どれぐらい語学力があるかによって、どこで働けるかが決まってきます。
最悪日本語しか話せないとなると、日本料理店で働くこととなり、そのようなお店を探さないとなりません。

バイトに関しては、移民が多い場所だと、最低賃金以下の違法なレストランも沢山あります。
日本食レストランや寿司屋でも、最低賃金以下雇うようなところも多く、それは本来は違法です。
英語やその国の言葉が話せないと、こういったことは我慢しないといけないのが現実です。
その国の言葉が話せたら選択肢が広がり、合法の賃金のお店で働くこともできるでしょう。

アルバイトの探し方は、直接お店に行き履歴書を渡すというシンプルな方法です。
店長がいれば話をしてアピールしますが、店長不在のことも多く、スタッフを募集していないと言って履歴書すら受け取らないことも多いです。
仕事探しは運とタイミングに左右される部分があります。

日本食レストランで働くと、もちろん日本人が多く、日本語が飛び交います。
しかしそれでは、日本で働くのとあまり変わらず、ワーキングホリデーを使う意味が少なくなります。

帰国後のことを考えないといけない

ワーキングホリデーで現地で働いた職歴は、帰国後の就職に高評価されることはないです。
ワーキングホリデーは遊学というイメージが強く、1年程度の仕事ではそれほど技術も身につかず、現地で働ける職種も専門職ではないことが多いからです。

そのために、現地での生活で貴重な体験を如何に沢山経験し、自分自身に得たものが大きいかどうかという人間性をアピールすると、帰国後の就職に役立ちます。

どんな困難も積極的にやサバイバル精神で乗り越える強さを養った、ワーキングホリデーに行ってどのように変化したかを、帰国後の就職活動ではアピールするのが良いでしょう。

中には、ワーキングホリデーで楽しい生活を送り帰ってくると、仕事がなかなか見つからないという人もいます。
目的や計画を立ててワーキングホリデーに行くことが大切です。
大抵の人は、英語を話せるようになりたいと日本を離れますが、その他にも自分がどうやって過ごすかということも大切です。

せっかく海外に行っても、日本人同士で固まり日本と同じような生活をしていては、何も学べることはないです。

制度自体も良くないと点もあり、年齢制限があります。
ワーキングホリデーでは30歳までの方しか利用できず、日本の社会では30歳が一つの節目となってきます。
例えば30歳で仕事を辞めて1年間ワーキングホリデーに行っても、日本では一度仕事を辞めると次の仕事が見つかりにくいです。
さらには、海外に行った事の経験も再就職の際に重要視されないです。