紙幣

ワーキングホリデーの期間はどれくらい?

1年から2年

海外で働けるビザでもあるワーキングホリデーは、実はとっても貴重なビザです。
せっかく多くの国で1年間就労許可が下りるので、1年間滞在した方がお得です。
実際のところは、1日からでも滞在は可能です。
しかし現実的には、働き語学学習をするならば、1日だけでは準備で終わるので、通常は3ヶ月や6ヶ月ぐらい短気でも滞在します。
もしも短期で語学学習や旅行をしたい場合は、事前申請の必要ない観光ビザが便利で、これはパスポートを持って入国するだけで良いです。

ワーキングホリデーの基本的なプランは、英語の習得を目的の1つとしている人が多く、語学学校に通ってから働く人が普通です。
そのために、まずは語学学校に通ってある程度簡単な言葉が話せるようになってから、さらに学校に通い仕事を始めるという形になります。
日本食レストランや寿司屋ならば、語学学校には3ヶ月ぐらい、他の場所で働くなら語学学校に6ヶ月ぐらい通い、そして残り1年から引いた日数を仕事をしていきます。

仕事をするならば、6ヶ月以上滞在期間はあった方がよい

働きたい人の現実的な、滞在の最短期間は9ヶ月以上です。
滞在残り日数が5ヶ月以下の方は、現実的には雇ってくれるところは少なく、仕事が見つかりづらいのです。
働くには、雇うお店も仕事を1から教えるので、すぐに帰国されると困り、ビザの残り期間が6ヶ月以上という条件で募集することが多いです。

ただこれは専門的な知識や技術を必要とするお店であり、ファーストフードなどの、単純作業のお店なら、残りの滞在日数が短くても雇ってくれるかもしれません。
しかし、そのようなファーストフードのお店だと、働く環境が良くない場合もあるので、やはりレストランなどで働く方が良いかもしれません。

ワーキングホリデーを行なうならば、最低でも100万円単位でお金は必要です。
海外に滞在して働き稼ぎながら語学を身につけていくにしても、それぐらいのお金は必要です。
残念ながら東南アジアなどの物価の安い国は、今のところワーキングホリデーは使えないので、日本と同じぐらいの物価の国で生活します。

しかしワーキングホリデーで行ける国には、2年間滞在できる国もあります。
お金に余裕があり、そのような国へ行けば、2年間で十分に英語や他の国の言語を取得し、もちろん働きながら、そしてその後、覚えた言語の使える国に、1年間ワーキングホリデーに行くという方法もあります。
例えば、オーストラリアに2年間滞在し、その後ニュージーランドに1年間滞在するという方法もあり、滞在は逆でも良いでしょう。
隣同士の国なので、文化も似ており移動も楽で、前の国で経験したことを役立てる事も出来ます。